化粧品の原料について

化粧品は化学物質や自然由来の物質などを原料として製造されます。
薬用化粧品の場合は医薬品が使用されます。
化学物質は石油由来の物質で、ベンゼンや香料、防腐剤などが主なものになります。
石油由来の物質は以前はよく使われていましたが、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の人が使用すると、肌荒れを起こす場合があるので、最近は自然派化粧品の人気が高まっています。
自然派化粧品の原料は、漢方薬などに使用されている薬草などが使われています。
コラーゲンやヒアルロン酸など人体に初めから存在する物質も、メーカーがコスメを製造する際にはよく使用されています。
最近は哺乳類の胎盤であるプラセンタなども原料として使用されており、美容の効果を高めています。